• 通信制高校の3つの柱

    通信制高校のカリキュラムは、主に3つの柱で構成され、それによって卒業を目指します。
    この3つの柱のどれが欠けても、卒業することはできません。
    ただし全日制や定時制の高校と比べて大変制約は少なく、自由度は高くなります。
    その自由度の高さが災いして卒業率の低さに繋がっているという現実はあります。
    しかし自分にとっての適度な自由度の選択は、様々な私立のカリキュラムから自分にあったものを選択することで解決します。


    <通信制高校の主な3つの柱>

    「自宅学習の成果をレポート提出によって表し、添削指導を受ける」「スクーリングに参加して面接指導を受ける」「単位修得認定試験を受けて単位を取得する」
    これが通信制高校の主な3つの柱です。
    私立などは独創的なカリキュラムを提供していますが、この3つの柱は必ず押さえています。
    「通信制なのだからスクーリングは必要ないのではないか」と考える人もいますが、全日制や定時制の高校と比べてみましょう。
    全日制や定時制には総合学習の時間やホームルームなどもあります。
    それは高校の教育に必要だということで設けられているのですから、スクーリングも同様にちゃんと意味も意義が存在しています。
    通信制高校は可能な限りシンプルに構成されていますが、「絶対に外すことができない」とされるものが柱となっています。