• 通信制高校とサポート校の費用負担

    定時制高校選択の不安には、学習や進路にたいするフォローがないということと、それに伴う卒業率の低さがあるでしょう。すべて自分の頑張りにかかってきますから、意欲をなくしたり、問題を解決に至らなかったりで、卒業を断念してしまうことが多いのです。その不安に手を差し伸べてくれるのがサポート校です。


    <サポート校の学費>

    サポート校は私立ですので、費用負担には幅があります。おおむね年間100万円前後が必要な学校が多いようです。サポート校だけに通学して終了しても、高校卒業の資格にはなりません。あくまでも高校卒業の資格は、通信制高校の卒業によって手に入れなければなりません。しかし通信制による学習は自分だけで行いますので、難しいものです。そこで補助的にサポート校にも通う学習者が増えているのです。経済的な負担が軽い公立の通信制高校に入学し、そこでは得られないフォローをサポート校に求めることで、卒業率はグッと上がります。


    <サポート校的なフォローがある通信制高校>

    私立の通信制高校には、サポート校的な体制を持つものも中にはあります。このような体制の学校は、卒業率もよく、サポート校と通信制に同時に入学するよりも費用負担が軽くなる場合もあります。そのような通信制高校が近くにあるのかという問題もありますが、もしあるならば、検討してみるのも得策です。