• 高認試験と通信制高校はどっちがいいの?

    高校中退をしてしまった生徒が高校卒業の資格を得る方法に、もう一度高校に編入して学習し直す方法、高校卒業認定試験というテストを受験する方法の2種類があります。前者の場合は通信制高校などを利用する生徒も多いのですが、習得できていない単位が少ない場合や、学費の面で難しい部分がある場合には、高認試験を利用する人もいるそうです。


    通信制高校と高認試験どっち?

    まず悩むのは、高校卒業資格を修得するためにどうやって勉強をするかという点でしょう。通信制高校のメリットはまず、自分で学習をすすめられるメリットを保ちながら、先生にいつでも分からない部分を質問できるという点です。学校ですから、学費はかかりますが、自分のペースで、学習したいことを学習できるという施設になります。高認試験でも得られる資格は同等のものですが、高認試験は今年度から合格しなくてはならない科目などに変更が出ています。


    学費面では高認試験が圧勝

    学費面を考えると、参考書などを利用して学習を進めるだけでいい高認試験は圧倒的に安くなると考えられます。ただし、分からない部分も自分で調べるなど、自主性が非常に大切となってくるでしょう。通信制高校と違い、教科書のセクションごとにレポートなどを提出するわけでもないのです。計画性などは通信制高校以上に必要になると考えられるでしょう。