• 通信制高校の学費はどうなっている?

    全国の高校生を持つ家庭で年収が910万円以下の場合、国から高校へ通う資金援助を受けることができます。この制度は高校無償化などと呼ばれています。この支援金は通信制高校でも受けることができますが、全日制と学費の計算方法が少し違う通信制高校では単位の数で決まるそうです。


    通信制高校は申し込んだ単位が学費になる

    通信制高校では最低で卒業までに74単位を修得する必要があります。つまり、最低で計算すると74単位×1単位の値段ということになるのですが、この計算方法の場合は単位を1つも7落とすことなく卒業しなくてはならないということになります。通信制高校では、申し込んだ単位の数だけ学費がかかるのです。80単位申し込み、6単位を落として74単位で卒業した場合には、80単位分のお金がかかるということになります。


    就学支援金制度は1単位4812円

    高校無償化で給付されるお金は、1単位4812円、74単位分です。そのためこの支援金の対象となる家庭では、1単位にかかる学費から4812円をひけばいいということになるのです。ただしサポート校など通信制高校に付随する連携教育機関に関しては、とくに助成金などが出るわけではありません。奨学金制度などを利用するという形になるそうです。奨学金は市区町村や、学校で異なるそうですからちゃんと調べてみましょう。