• 通信制高校で進学はできる?

    通信制高校では自分のペースで、自分の学びたい科目を中心に学習を進めることができるというメリットがあります。通信制高校の特徴で最も大きなものが、全日制高校よりも圧倒的に自分で自由に利用できる時間が多いので、ちゃんと進学ができるのかどうか、という点で不安になる人もいるそうです。


    通信制高校も同じ高校卒業資格

    通信制高校と全日制高校はどちらも同じ、高校卒業資格です。この資格に違いはなく、卒業する学校の違いで受験の結果に影響が出る、ということは原則としてないと言われています。そのため、進学したいという場合も、先生や両親と相談して、学校を決めたり目標を決めたりすることとなります。選択科目の中で履修したほうがいい科目などのアドバイスも早めに聞いておきましょう。


    理系は特に選択科目に気を配って

    センター試験などで受験を行う場合、選択科目などに科目を自分で履修する必要があります。また大学によっては定められた科目の履修を受験資格にしていることもあります。この場合は、選択科目であっても、この科目の履修が終わっていないことで受験資格を得られないということになりますから、気を付けましょう。進路を決めるときに、先生と相談し、無理なく選択科目や専門科目の学習をスムーズに進められるようにすると安心ですね。